産後の骨盤矯正を行なえばスリムな体型を取り戻せる

女の人

安全な健康法

レディー

遠赤外線は、薬などと違い副作用の心配がありません。安心して利用出来る利点があり、効率的に健康改善する事が可能です。今後は遠赤外線を利用した施設や、新しい治療法が出てくると予測します。また危険のない健康法として広まり、利用者も徐々に増えてくると思われます。

詳細へ

骨盤を正してより健康に

女性

姿勢に気を付けて

どんな女性でも妊娠中には体に脂肪がつきふっくらとした体形になります。また、赤ちゃんを産むために骨盤も緩み、産道が広くなります。出産後、元の体型を取り戻すためには、緩んだ骨盤を適切に引き締め骨盤矯正し、ゆがみなく産前と同じ状態に戻すことが大切です。妊娠後骨盤は3,4カ月かけて左右交互に少しずつ戻っていきます。その際に体のバランスが崩れていたり、横座りや足を組んだ姿勢など、不自然な姿勢が続くと骨盤もゆがんでしまいます。また、出産直後は急速に筋肉が収縮します。この時期にしっかりと骨盤を専用ベルトで締めておくと、ゆがみも少なくなるでしょう。ただし、産後すぐ1から2カ月は悪露が出たり、子宮が復古したりとまだまだ内臓が変化する時期でもあります。無理に締め付けて、回復を妨げないように気を付けましょう。

矯正の仕方

産後の骨盤矯正は今までゆがんでいた骨盤を正しい位置に戻すチャンスでもあります。一度閉じてしまうと、なかなか動かすのが難しい関節ですから、骨盤が閉じてしまう産後6カ月までのケアが特に重要になります。自宅で骨盤矯正をするのなら、骨盤ベルトや産褥ニッパー、産後のサポーターなどリフォームインナーを使うのが便利です。専用のものもありますし、結婚式でドレスを着用する際に使ったガートルやウエストニッパーも骨盤矯正や腹筋の引き締めに役立つでしょう。自分で骨盤を動かずストレッチをするのも有効です。骨盤周りを回したり、前後に曲げたりするのもいいですし、仰向けに寝て膝を立て、骨盤を浮かせるように臀部に力を入れるもの効果があります。ヨガやピラティス、整体など、専門家のもとで行うこともできます。大切な時期を逃さす、より健康的な体型を目指しましょう。

寝具と健康

男の人

高反発マットレスは適度に体圧を分散させる設計となっており、睡眠中の体を理想的な状態に保ちます。寝返りもしやすく、安眠のためにも役立つのが特徴です。柔らかすぎる寝具は時に体に負担をかけることがあり、注意を要します。寝具は慎重に選ぶことが大切です。

詳細へ

体を温めて美しく

足元

女性特有の悩みを改善したいと温活を始める女性が増加しています。温活は体を日常から温めることによって、冷えや生理痛の緩和、不妊の改善に役立てようとするものです。年間通して行うことが大切であり、季節の変わり目などは特に注意して行う必要があります。

詳細へ